メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

サクラ、進むDNA分析 栽培品種の起源解明に向け

 サクラ開花の便りが待ち遠しいこの季節。DNAの分析により、栽培品種の起源解明や識別に向けた研究が急速に進んでいる。一方、地球温暖化で将来、開花が早まったり、果ては咲かなくなったりすることが心配されている。【大場あい】

 ●増殖法判断材料に

 国内の野生のサクラは10種。ほぼ全国で見られるカスミザクラやエドヒガン、沖縄・石垣島だけに自生するカンヒザクラ、関東南部のオオシマザクラなど分布域はさまざまだ。それ以外は「ソメイヨシノ」に代表される栽培品種で、人が交配させたり、自然界で突然変異したサクラを育てたりしたもので、300種以上あると言われる。

 栽培品種はそっくりで分類が難しい種類もあり、森林総合研究所はDNA分析で識別や起源推定を進めてきた…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです