メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

6日開幕(その2止) 世界の強豪が待つ 連覇狙うドミニカ共和国、威信かけ米国

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC>

 大会連覇を狙うドミニカ共和国が投打とも強力だ。昨季、大リーグで30本塁打以上を放ったカノやクルーズ(ともにマリナーズ)、マチャド(オリオールズ)らが名を連ねる打線は高い得点能力を備える。投手陣も昨季18勝(5敗)を挙げた右腕クエト(ジャイアンツ)や2年連続2けた勝利を記録したマルティネス(カージナルス)、中継ぎのベタンセス(ヤンキース)、昨季51セーブのファミリア(メッツ)と実力者がそろい、優勝候補の筆頭と目される。

 そのドミニカ共和国と1次リーグから対戦する米国は、2度のサイ・ヤング賞に輝いたシャーザー(ナショナ…

この記事は有料記事です。

残り1512文字(全文1803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです