メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島県警

不審なバルーン相次ぐ 液体と小型機器つり下げ

福島県二本松市錦町2で、通行人が発見した不審なバルーン=県警提供

 福島県警は1日、二本松市や川俣町など県内4カ所で不審なバルーン(風船)が計4個見つかったと発表した。バルーンは筒状のビニール製で、幅約1メートル、長さ約9メートル。水色の液体と、タイマーのような小型機器がそれぞれ入った二つのビニールパックがつり下げられていた。県警は液体などに危険性がないことを確認した。「不審なバルーンなどを発見した際は、臭いをかいだり触ったりせず、通報してほしい」と呼び掛けている。

 県警によると、午前8時ごろ、二本松市錦町2の山林そばの空き地で、バルーンが落ちているのを住民が見つけ警察署に届けた。バルーンは伊達市や田村市、川俣町でも見つかった。捜査関係者によると、小型の機器は黒色で大きさは約20センチ。時間や分を示す表記があったという。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです