メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
福島県警

不審なバルーン相次ぐ 液体と小型機器つり下げ

福島県二本松市錦町2で、通行人が発見した不審なバルーン=県警提供

 福島県警は1日、二本松市や川俣町など県内4カ所で不審なバルーン(風船)が計4個見つかったと発表した。バルーンは筒状のビニール製で、幅約1メートル、長さ約9メートル。水色の液体と、タイマーのような小型機器がそれぞれ入った二つのビニールパックがつり下げられていた。県警は液体などに危険性がないことを確認した。「不審なバルーンなどを発見した際は、臭いをかいだり触ったりせず、通報してほしい」と呼び掛けている。

 県警によると、午前8時ごろ、二本松市錦町2の山林そばの空き地で、バルーンが落ちているのを住民が見つ…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです