メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひるね姫

ラッピング電車やバス 地元舞台映画PR 岡山

ラッピング電車の出発式で合図を出す岡山県倉敷市の伊東香織市長(手前右)ら=同市のJR児島駅で2017年3月1日、小林一彦撮影

 岡山県倉敷市児島地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫」(神山健治監督)が18日に全国で封切られるのに合わせ、映画の登場人物などのラッピングを施したバスや電車が1日、走り始めた。

 同市とJR西日本、下津井電鉄などが協力。JRの電車は3両1編成で、映画でも描かれる瀬戸大橋を渡る瀬戸大橋線のほか、山陽、赤穂、伯備、…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです