メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひるね姫

ラッピング電車やバス 地元舞台映画PR 岡山

ラッピング電車の出発式で合図を出す岡山県倉敷市の伊東香織市長(手前右)ら=同市のJR児島駅で2017年3月1日、小林一彦撮影

 岡山県倉敷市児島地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫」(神山健治監督)が18日に全国で封切られるのに合わせ、映画の登場人物などのラッピングを施したバスや電車が1日、走り始めた。

 同市とJR西日本、下津井電鉄などが協力。JRの電車は3両1編成で、映画でも描かれる瀬戸大橋を渡る瀬戸大橋線のほか、山陽、赤穂、伯備、…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです