メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひるね姫

ラッピング電車やバス 地元舞台映画PR 岡山

ラッピング電車の出発式で合図を出す岡山県倉敷市の伊東香織市長(手前右)ら=同市のJR児島駅で2017年3月1日、小林一彦撮影

 岡山県倉敷市児島地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫」(神山健治監督)が18日に全国で封切られるのに合わせ、映画の登場人物などのラッピングを施したバスや電車が1日、走り始めた。

 同市とJR西日本、下津井電鉄などが協力。JRの電車は3両1編成で、映画でも描かれる瀬戸大橋を渡る瀬戸大橋線のほか、山陽、赤穂、伯備、…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです