仏大統領選

フィヨン元首相、訴追へ 支持率の回復困難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】4~5月のフランス大統領選(2回投票制)の中道・右派候補のフィヨン元首相(62)が1日、妻らが秘書名目で給与などを不正受給した疑いを巡って記者会見し、訴追される見通しとなったことを明らかにした。一方で、出馬は断念しないと改めて強調した。

 フィヨン氏は、妻と長女と長男が、議員秘書として職務の実態がないにもかかわらず秘書給与など計98万ユーロ(約1億2000万円)を不正受給した疑いが…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集