メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大寺

「お水取り」始まる…火の粉に歓声 奈良

 古都に春を呼ぶ奈良・東大寺二月堂の修二会(お水取り)が1日、本行入りした。長さ約6メートルの「お松明(たいまつ)」が次々と二月堂の舞台を駆け巡り、無病息災をもたらすとされる火の粉が欄干から降り注ぐと、参拝客から歓声が上がった。

     修二会は奈良時代から途絶えることなく続き、今年1266回目。練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の僧が15日未明の満行まで、本尊の十一面観音の前で人々に代わって罪をざんげし、天下太平や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈る。お松明は宿所から二月堂に上る練行衆の道明かりで、14日まで毎晩続く。【皆木成実】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
    5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです