豊洲土壌対策

石原氏、東ガス負担分了承…複数職員が証言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石原慎太郎氏
石原慎太郎氏

 東京都の豊洲市場(江東区)の移転問題で、移転決定時に知事だった石原慎太郎氏が土壌汚染対策費586億円(当時の試算)のうち、地権者の東京ガス側への請求額を約80億円にとどめるとする都の試算を了承していたことが、複数の都職員の証言で分かった。石原氏は昨年10月、小池百合子知事の質問状に対し文書で回答し、東ガスの費用負担決定について「判断を求められることがなかった」と関与を否定している。3日の石原氏の記者会見を前に、証言の矛盾が浮上した。【円谷美晶、川畑さおり、林田七恵】

 都職員らの説明などによると、都は2009年2月、地権者として対策費の一部を負担するよう東ガスに打診し、同11月には試算した総額586億円のうち86億円を求めるとする内訳表を提示した。東ガスの負担分を総額の約15%としたのは、東ガスに一定の処理責任があるのは深さ2メートルまでの汚染について、とする05年の合意に基づいたためという。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文973文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集