メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

「先の塁を」攻撃に勢い…壮行試合第2戦

 ○日本代表9-1台湾プロ選抜●(1日・壮行試合)

 五回1死一、二塁、筒香(DeNA)への2球目だった。二塁走者の秋山(西武)がするするっとスタートを切り、三塁へ足から滑り込む。一塁走者・坂本勇(巨人)との重盗。ようやく出た今年のチーム初盗塁が、1-0のこうちゃく状態を動かした。

 4番のバットに託す選択肢もあった。ただ、前の打席でも二塁に進み、マウンド上の左腕を観察していた秋山は「行けると思った」。自らの判断で仕掛け、…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです