メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

就活最前線 資格は武器だが、結局「やる気」

 大学生の2018年3月卒業予定者に対する企業の採用広報活動が、1日一斉に解禁され、就職活動が本格化した。自己アピールや面接で、「資格」が話題にあがる場面も少なくないだろう。今回は、そんな大学生の資格事情について、64人に聞いた。(☆は男、★は女、丸数字は学年)

 まず、「大学に入学してから何か資格を取ったか」という問いに対し、「はい」と回答したのは50%。「勉強中」も合わせると、全体の7割近くが資格取得に積極的な姿勢を見せた。

 既に資格を取った人に聞いてみると、最も多かったのは「普通自動車運転免許」。「社会人になってからは取る機会がなさそうだから」(自由学園☆(4))という理由が多く、車の免許は、時間のある学生のうちにと考えるようだ。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです