受動喫煙対策

スタジアム・歌舞伎舞台、喫煙可 禁煙五輪、遠く 厚労省案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙対策の法制化を巡り、さまざまな「例外」が浮かんできた。1日に公表された厚生労働省案では、小規模のバー、スナックだけではなく、2020年の東京五輪で会場になるプロ野球のスタジアムや歌舞伎の舞台も例外対象に。「たばこのない五輪」は「風前のともしび」の状態だ。

 受動喫煙対策の強化は、東京五輪・パラリンピックを「たばこのない五輪」にする取り組みのために始まった。厚労省が公表した当初案は、スタジアムなどの運動施設は喫煙室の設置を認めない「建物内禁煙」としていた。

 しかし、1日の案によると、プロ野球のスタジアムなど興行場法上の「興行場」に当たる施設は例外として喫煙室設置を認めた。プロスポーツの観戦は、劇場や展示場などのように「見せる」ことが重点だからという。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集