メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙対策

スタジアム・歌舞伎舞台、喫煙可 禁煙五輪、遠く 厚労省案

 他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙対策の法制化を巡り、さまざまな「例外」が浮かんできた。1日に公表された厚生労働省案では、小規模のバー、スナックだけではなく、2020年の東京五輪で会場になるプロ野球のスタジアムや歌舞伎の舞台も例外対象に。「たばこのない五輪」は「風前のともしび」の状態だ。

 受動喫煙対策の強化は、東京五輪・パラリンピックを「たばこのない五輪」にする取り組みのために始まった。厚労省が公表した当初案は、スタジアムなどの運動施設は喫煙室の設置を認めない「建物内禁煙」としていた。

 しかし、1日の案によると、プロ野球のスタジアムなど興行場法上の「興行場」に当たる施設は例外として喫…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです