メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県警 「サイバー犯罪対策課」新設 警部級以上285人 /滋賀

 県警は2日、警部級以上の人事異動(22日発令)を内示した。退職予定者を含め、昨年より8人少ない285人(警視正8人、警視級106人、警部級171人)が異動する。近年増加するサイバー攻撃やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による嫌がらせなどインターネット上での犯罪により強力に対処するため、新たに「サイバー犯罪対策課」を設ける。

 これまで生活環境課の中に設けていた「サイバー犯罪対策室」を独立させる。人員は3人増え24人になる予定。県警が新たな課を設けるのは19年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り7360文字(全文7602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです