メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺・闇からの誘い

/4 知らぬ間に犯罪加担

アルバイトの内容をやりとりしたLINEの画面。主婦が携帯電話を転送した相手は詐欺容疑で逮捕された=加古信志撮影(画像を一部処理しています)

 「自宅に届いた荷物を転送するだけで報酬がもらえる」。昨年4月、大阪府内に住む会社員の女性(33)はツイッターで「荷受け代行」のアルバイトを見つけた。三女を出産したばかりで、自営業の夫(33)の収入も安定せず、生活費の足しにしようと軽い気持ちで始めた。

 「携帯電話を転送する仕事で、住所を確認できる写真付きの身分証が必要です」。無料通信アプリ「LINE(ライン)」でやりとりした仲介者の男に求められ、住民基本台帳カードの画像データを送った。数日後に荷物が届き、指示通り開封せず、横浜市に転送した。6月までに4回送り、計2万円の報酬を得た。

 ただ、ツイッター上で「荷受け代行は詐欺。自分の名義で携帯を契約された」との情報が出回っていた。男は…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです