メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
洲本5人殺害

死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」

事件現場となった民家(左手前と右奥)と平野達彦被告宅(左奥)=兵庫県洲本市で2015年3月9日午前9時49分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 兵庫県洲本市の民家2軒で2015年3月、50~80代の男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職、平野達彦被告(42)に対し、検察側は3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた公判で、「極めて残虐で執拗(しつよう)な犯行だ。何ら落ち度のない5人の命を奪った」として死刑を求刑した。被告には精神障害による入通院歴があり、責任能力の程度が争点となっている。判決は22日。

 公判で、地検や地裁が実施した精神鑑定の担当医2人は「犯行を決めたことに精神障害の影響はなく、理性的…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  3. 日韓外相会談 主張平行線か 徴用工、輸出規制など協議 北京で

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです