メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洲本5人殺害

死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」

事件現場となった民家(左手前と右奥)と平野達彦被告宅(左奥)=兵庫県洲本市で2015年3月9日午前9時49分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 兵庫県洲本市の民家2軒で2015年3月、50~80代の男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職、平野達彦被告(42)に対し、検察側は3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた公判で、「極めて残虐で執拗(しつよう)な犯行だ。何ら落ち度のない5人の命を奪った」として死刑を求刑した。被告には精神障害による入通院歴があり、責任能力の程度が争点となっている。判決は22日。

 公判で、地検や地裁が実施した精神鑑定の担当医2人は「犯行を決めたことに精神障害の影響はなく、理性的な判断によるものだった」などと証言した。検察側は精神障害があったとしつつ、被告が量刑を事前に調べて事件後も落ち着いていたことから「精神障害の影響は及んでおらず、完全な責任能力があったことは明らかだ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです