メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙

「たばこのない五輪」遠く…厚労省案

厚労省案による主な受動喫煙規制の例外

 他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙対策の法制化を巡り、さまざまな「例外」が浮かんできた。1日に公表された厚生労働省案では、小規模のバー、スナックだけではなく、2020年の東京五輪で会場になるプロ野球のスタジアムや歌舞伎の舞台も例外対象に。「たばこのない五輪」は「風前のともしび」の状態だ。

 受動喫煙対策の強化は、東京五輪・パラリンピックを「たばこのない五輪」にする取り組みのために始まった。厚労省が公表した当初案は、スタジアムなどの運動施設は喫煙室の設置を認めない「建物内禁煙」としていた。

 しかし、1日の案によると、プロ野球のスタジアムなど興行場法上の「興行場」に当たる施設は例外として喫煙室設置を認めた。プロスポーツの観戦は利用者が運動して健康増進を図る施設ではなく、劇場や展示場などのように「見せる」ことが重点だからという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです