メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

会計検査に着手 首相、自民の調査否定

 大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得問題に関し、安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、政府としての調査に改めて消極的な姿勢を示した。首相は「問題の核心は売却価格が適正だったかだ。政府から独立した会計検査院の検査に全面的に対応する。政府としてできることはそれが最大限だ」と述べた。会計検査院の河戸光彦院長は「一部の情報収集には既に着手している」と説明した。

 首相は自民党内の調査に関し、「我が党の議員が関わっていたら本人に説明責任を果たさせる」と述べ、否定的な見解を示した。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです