メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

加藤一二三九段、最後の順位戦敗れる

加藤一二三九段=竹内幹撮影

 残っている棋戦を全て敗れた時点で引退となる将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が2日、東京・将棋会館で名人戦順位戦C級2組の最終戦を戦い、上村亘(かみむら・わたる)四段(30)に敗れた。棋士生活最後の順位戦を勝利で飾ることはできなかった。今期は1勝9敗で終わった。

 長手数の熱戦で敗れた加藤は「いい勝負だとは思っていたが、相当粘っこく戦われて寄せがはっきりしなかった。順位戦を指せなくなることは率直に言ってさみしい」としみじみと語った。

 加藤は1982年の第40期に名人を獲得。A級には名人1期を含む通算36期在籍するなど、62期にわた…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです