特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

春風にのって

高岡商・選手紹介/19止 理想の打撃を追求 石橋拓哉選手(2年) /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高岡商の石橋拓哉選手=富山県高岡市の同校で、古川宗撮影 拡大
高岡商の石橋拓哉選手=富山県高岡市の同校で、古川宗撮影

 <第89回選抜高校野球>

石橋拓哉(いしばし・たくや)選手(2年)

 「メンバーに入れるか分からないが、代打や守備で出番があれば、悔いの残らないプレーをしたい」

 昨秋は悔しさが残った結果となった。県大会2回戦の新川戦では、三回裏の無死三塁の場面で出番が回ってきた。しかし、詰まった当たりは、あえなくショートゴロに。チャンスを生かせず、そのまま、北信越大会ではメンバーから外れた。「自分のバッティングができなかった。悔しかった」

 この冬は、再びメンバー入りするため、練習に励んでいる。悔しさを晴らすため、バッティングはゼロから見直し、フォームやタイミングなどを修正。鏡の前でスイングを続けている。「これからは実戦的な練習で、更に修正を重ねていき、理想のバッティングに仕上げていく」

 夢は消防士。「人を守る仕事で、野球にはない魅力がある。やりがいがある」からだという。【古川宗】=おわり

あわせて読みたい