メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
IR誘致

新たな公共投資否定 カジノ広告は抑制 尾花・和歌山市長が意向 /和歌山

 和歌山市議会2月定例会は3日、代表質問があった。市が先月、誘致に向けて候補地の選定などに着手する考えを表明したカジノを含む統合型リゾート(IR)に質問が集中。尾花正啓市長は答弁で、誘致に成功した場合は子育て環境に配慮してカジノ関連の広告を抑制する意向を初めて明らかにした。また、アクセス道路の建設など誘致に伴う新たな公共投資については明確に否定した。

 各市議は、IRの誘致成功による経済効果やギャンブル依存症対策、税収の増収分の使途などについてただし…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文580文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです