メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

言語教育の充実で深まる日越友好=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 新春に北海道から九州まで日本各地を回ったが、どこに行っても経営者から「働き手がいないのでベトナム人研修生を紹介してほしい」という相談を受けた。私がベトナムでの活動を始めて10年以上が過ぎた。当初はベトナム人労働者を受け入れたいという話は建設業などごく一部の業者だけだった。私の活動は、ベトナムの優秀な学生に日本語と複式簿記を教え、産業界を支える担い手になってもらい、日越間の絆を強固なものにしてもらいたいと、始めたものだ。これまでに千数百人の学生が巣立ち、日越交流の仕事や日系企業で働いている。

 ところが、最近の人手不足で、日本語がほとんどできないのに訪日する青年が増えた。日本に来ても日本語を…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文718文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです