メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

トヨタ自動車 プリウス エコカー市場の「先駆け」

2月15日に全面改良して発売されたプリウスPHV=トヨタ自動車提供

 トヨタ自動車が1997年に発売した、世界初の量産ハイブリッド乗用車(HV)「プリウス」。電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせて燃費性能を大幅に高め、エコカー市場を切り開いてきた。ラテン語で「先駆け」を意味する車名の通り、環境技術が鍵を握る21世紀の自動車市場を先取りした。

 初代プリウスの開発責任者は現在トヨタ会長の内山田竹志氏(70)で、94年に開発をスタート。環境問題に対する関心が世界的に高まる中、経営陣は燃費性能を主力車「カローラ」の2倍(ガソリン1リ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです