メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『ロシア革命-破局の8か月』=池田嘉郎・著

 (岩波新書・907円)

無関係でないエリートと大衆の格差

 ロシア革命が、人類にとって二〇世紀最大の歴史的出来事の一つであったことは、誰もが認めるところだろう。ロシア革命が掲げた理想がもはや色あせ、ユートピア建設を目指したソ連という壮大な実験国家が潰(つい)えてしまった現在にあっても、この事件がいまだに放つ光の強烈さは消えることがない。

 今年はそのロシア革命の一〇〇周年にあたる。そして、革命によって誕生したソ連という国家が解体してから…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです