特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『貧困クライシス 国民総「最底辺」社会』=藤田孝典・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (毎日新聞出版・972円)

 日本の相対的貧困率が16・1%(2012年)になったと聞いて、どれほどの人が危機感を抱くだろう?

 数字は1985年の調査開始以来最も高く、経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国の中でも6番目に高い(10年)のだが、悲惨な貧困状況を身近で目にしない限り、貧困の広がりを実感することは難しい。

 2015年発売の『下流老人』で、いずれ高齢者が直面するであろう貧困を語った著者は、今度は全世代の貧困に目を向け、これでもかとばかりにその実態をリポートする。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文468文字)

あわせて読みたい

注目の特集