メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『明治維新を読みなおす 同時代の視点から』=青山忠正・著

 (清文堂出版・1836円)

 犬猿の仲だった薩長を結び付け、討幕の流れを決定付けた立役者。坂本龍馬に対する大方のイメージだろうが、著者はそれに対し「半分くらいは物語」と疑問を呈する。なぜならば薩長盟約にある「周旋尽力」や「決戦」の言葉は毛利家当主親子の官位停止(かんいちょうじ)を解くためのものであり、盟約に後世の人びとが抱く「武力討幕軍事同盟」の評価を下すのはどう考えても無理があるからだという。

 こうした誤解が生じるのは同時代人なら改めて断る必要のない大前提が(当然ながら)史料には書かれておら…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文500文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです