メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 スイス衛兵(バチカン・ローマ法王庁) 教会守り信仰深める

バチカン宮殿の門で歩哨に立つスイス衛兵=福島良典撮影

 キリスト教カトリックの総本山バチカンでひときわ目を引くスイス衛兵。その制服の起源は500年以上さかのぼる。日本がバチカンに公使を派遣して今年で75周年を迎えるのを記念し、一般公開されていない兵舎を日本人限定で見学できるようになった。日本人観光客に同行し、フランシスコ・ローマ法王を守る精鋭部隊の本拠を訪れた。

 兵舎は、サンピエトロ広場からバチカン美術館に向かう表通り沿いの入り口「サンタンナ門」の脇にあり、衛兵の住居、食堂や図書館、参謀本部の3区画に分かれている。隊長秘書のミヒャエル・グラウスさん(26)の案内で中に入った。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです