魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

着実な歩み、輝きに 花組新トップ娘役・仙名彩世

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宝塚歌劇団花組新トップ娘役の仙名彩世さん=兵庫県宝塚市で、川平愛撮影
宝塚歌劇団花組新トップ娘役の仙名彩世さん=兵庫県宝塚市で、川平愛撮影

 ゆっくりと、着実に歩んできた花組の仙名彩世(せんなあやせ)がトップ娘役に就任し、全国ツアー公演「仮面のロマネスク」「EXCITER!!2017」(18~20日、大阪・梅田芸術劇場メインホール)でお披露目となる。今春入団10年目。「両親に『今まで頑張ったね』と言われて、さまざまなことを思い出した。いろんな時期があったけれど、すべてむだではなかった」とかみしめるように語る。

 2014年の大劇場公演「エリザベート」では、自身を皇妃エリザベートだと思い込む精神障害の女性を演じて鮮烈な印象を残した。「役者として、どうすれば舞台をおもしろくできるかを追求してきた。役の幅が広がって、もっと深い表現を求めていた」時期に、就任を告げられたという。「夢なのか現実なのかわからなくて……。でもうれしかった」とほほ笑む。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集