メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

「いつまでも見守って」 遺族10組、祈り 大槌・曹洞宗吉祥寺で七回忌法要 /岩手

復興が進む吉里吉里の街並みと船越湾を見渡す庄治さんの墓前に、花などを手向ける芳賀キエさん(右)ら

 「感謝の心を生きるエネルギーに」。東日本大震災の七回忌を前に最後の日曜日となった5日、大槌町吉里吉里の曹洞宗吉祥寺(高橋英悟住職)では10組の遺族が追悼法要を行った。芳賀庄治さん(当時77歳)を亡くした妻キエさん(79)と家族は、故人の名前などを書いて船越湾に流す灯籠(とうろう)にメッセージを書き込み、「いつまでも見守っていてね」と語りかけた。【中尾卓英】

 震災で吉里吉里地区では約100人が、吉祥寺の檀家(だんか)は179人(関連死を含む)が犠牲になった…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです