メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

森友学園の土地=山田孝男

 幸せな土地、薄幸な土地というものはある(鈴木博之「東京の地霊」=文芸春秋、1990年)。

 大阪府豊中市野田町1501番はどうか。小学校用地だが、ゴミが埋まっていた。国有地払い下げの不正が疑われている。

    ◇

 登記簿を見ると、今は宅地だが、67(昭和42)年当時は池沼(ちしょう)だった。

 ネットで「豊中市」「変わりゆくまち」を検索すると、「昭和30年代前半の野田地区」の航空写真が出てくる。白っぽく見える田畑の区画の、その一角だけが黒っぽく、いかにも池か沼のように見える。

 それが、「昭和40年代前半」の写真では1501番周辺を除き、住宅が密集している。時あたかも高度成長…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1346文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです