メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

養老先生が「墓参り」する動機

東京・増上寺で行われたシンポジウムでマイクを持つ養老孟司さん(右から2人目)

 雑誌編集者で僧侶でもある鵜飼秀徳さんの「無葬社会」出版記念のシンポジウム「多死社会と葬送」が先月、東京・増上寺の会場であった。鵜飼さん本人は問題提起の役回りで、壇上の解剖学者、養老孟司先生の話が興味深かった。

 「無葬社会」という書名は、葬送の激変ぶりを指摘した著者の造語。養老先生はまず、1月に93歳の義兄を亡くしたことに触れた。91歳の姉が残され、身内ばかりの「家族葬」になったという。故人と共通の知人もいたので知らせようかとも思ったがやめた。高齢の姉の負担を考えた。「いまは家族が少ないので、葬式は家族に負担になる」

 半世紀前に比べ、平均寿命は15年ほど伸びた。むかしは現役を退いてすぐ亡くなったが、いまは会社勤めだ…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです