特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

森友学園

近畿財務局「校内で廃棄物処分を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ごみと土砂の分別作業が進む森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で2017年3月1日、米山淳撮影
ごみと土砂の分別作業が進む森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で2017年3月1日、米山淳撮影

小学校の建設巡り近畿財務局伝える 工事業者が証言

 大阪市淀川区の学校法人「森友学園」が国から取得した大阪府豊中市内の用地で進めている小学校の建設を巡り、近畿財務局が2015年9月、工事業者らと地下廃棄物の撤去費用について協議した際、撤去を見送るよう伝えていたことが分かった。工事業者は毎日新聞の取材に「国にそのままでいいと言われた」と証言した。建設現場は今も廃棄物の搬出を巡って紛糾しているが、国がこの時点で対策を講じていれば、混乱を回避できた可能性がある。

 学園は15年5月に国有地の賃借契約を財務局と結んで以降、土壌改良工事に着手。15年7~12月、除染に加えて地下3メートルまでのコンクリートなどは撤去したとされる。費用約1億3200万円は学園が一旦負担し、後に国が支払った。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文1009文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集