メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

鈴木一振りで復調アピール

二回表日本無死二、三塁、鈴木が左中間3点本塁打を放つ=久保玲撮影

 ○日本5-3オリックス●(5日・京セラドーム大阪)

 野手最年少22歳の鈴木(広島)が、一振りで流れを変えた。2点を先行された直後の二回無死二、三塁。ボール気味の高め直球を軽々と左中間スタンドへ運んだ。1ボールからの2球目をたたき、「チャンスなので積極的にいった」。体調不良で2月28日の台湾プロ野球…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです