メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

打線に不安 秋山が土壇場の決勝打

【日本-オリックス】九回表日本2死一、二塁、秋山が右翼線2点三塁打を放つ=久保玲撮影

 ○日本5-3オリックス●(5日・京セラドーム大阪)

 九回2死一、二塁。秋山が膝元に沈むカーブをすくい上げた。巧みなバットコントロールで右翼線へ運ぶ決勝三塁打。土壇場でWBC前の最終戦を勝利で飾った侍ジャパンだが、小久保監督の歯切れは悪いままだ。

 打線のちぐはぐな攻撃は変わらない。一回。先頭の山田(ヤクルト)が中前打で出塁したが、2年連続でリーグ最多犠打の菊池(広島)が初球を送りバント失敗(捕邪飛)。先制機の芽をつぶした。

 二回には鈴木(広島)が逆転3ラン。一気に畳み掛けたいところだったが、三回からは4イニング連続で3者…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです