メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

吉本ばななさんエッセー集 丁寧に生きる指南書 「日曜くらぶ」掲載の50本

作家の吉本ばななさん=東京都世田谷区で2014年1月8日、内藤絵美撮影

 家族や友人、動植物たちに優しい気持ちを使うこと。身の回りの衣食住を慈しむこと。息苦しい現代を生き抜く道だろうか。作家、吉本ばななさんによる新刊のエッセー集『毎日っていいな』(毎日新聞出版)は、そう感じさせる一冊だ。本紙日曜版「日曜くらぶ」に昨秋まで1年間連載された50本を集めた。

 ■   ■

 「お店」へのエールが熱い。郊外の小さな駅を出て真っ暗な道を歩いた先にあるインド料理店を訪ねる「『そこいらへん』の幸せ」。1時間半待ちの人気だが<傲(おご)ってもいないし、申し訳ないという気持ちを過剰に表現することもない。淡々と誇らしくお仕事をしている>。お客の顔はみんな優しい。「消費者の小さな1票は大切だと思う。貨幣とは、本来はお互いの信頼を交換する成り立ちのはずでしょう?」。もちろん美味だったという。

 笑わされるくだりも多数。かつて友人に聞いた話を振り返る「昆布じめ」。東京で1人暮らしをしつつ働く彼女が関西の実家に帰省し、子を思う両親の愛情にたっぷり満たされて帰京の途へ。ところがすぐに忘れ物に気づいて実家へとって返すと両親は何と……!

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  2. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  3. 玉城デニー沖縄県知事が入院 細菌性肺炎 PCR再検査の結果は29日ごろ判明

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです