メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

復興照らす「花の灯台」 大阪市立大院生らが特製ポスト 釜石・根浜地区、来月下旬設置へ /岩手

釜石市の復興住宅に設置する「花の灯台」をデザインした大阪市立大大学院の宮本佳明教授(中央)と院生ら=兵庫県宝塚市で

 東日本大震災で被災し、住民の高台移転が進む釜石市鵜住居町(うのすまいちょう)の根浜地区で、住民と大阪市立大の大学院生らが、花とLED照明で飾って「花の灯台」をイメージしたポストを移転先の家々に据え付ける取り組みを進めている。震災前、同地区の庭先では花が咲き誇っていたといい、「復興の象徴に」と住民が学生らにデザインを依頼した。既に一部は業者に発注済みで、院生らが4月下旬から設置する。【山本愛】

 根浜地区はリアス式海岸の半島の付け根にある。津波によって67世帯173人のうち12人が死亡、2人が…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです