メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶらり・ぎふ散歩

崇福寺の血天井(岐阜市長良福光) 織田家慕う人々の祈り /岐阜

岐阜城攻防戦で戦死した将兵の血の痕がある板を用い慰霊した「血天井」=岐阜市長良福光の崇福寺で

 織田信長が本能寺で倒れた時、岐阜城にいた三法師(幼名、後の秀信)は2歳だった。この信長の孫はその後、豊臣秀吉の庇護(ひご)を受けて育ち、最後の岐阜城主となる。

 関ケ原の戦いで秀信は西軍に加勢し、東軍と岐阜城周辺で激戦となり、敗北。残った将兵と共に自害を図ろうとするが、敵将・池田輝政らの説得を受け降伏。一命を救われ高野山に追放の身となった。現在の和歌山県橋本市向副(むかそい)が終焉(しゅうえん)の地となった。25歳だった。

 岐阜城では将兵38人が自害し、その血塗られた床板が残った。戦が終わり岐阜城は廃城となり、以後、主を…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです