ホンモロコ

保護を強化 産卵期の4~5月、全水生動物の採捕禁止 伊庭内湖と西の湖周辺 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 琵琶湖の固有種「ホンモロコ」を保護するため、県は東近江市の伊庭内湖と近江八幡市の西の湖の周辺で、全ての水生動物の採捕を禁止することを決めた。期間はホンモロコの産卵期に当たる4~5月で、違反すると漁業法により1年以下の懲役などの罰則がある。【衛藤達生】

 禁止区域は、伊庭内湖では同湖に流れ込む瓜生(うりゅう)川の天尾(あまのお)橋から目崎橋までの間と、躰光寺(たいこうじ)川の大橋から躰光寺橋までの間。西の湖では同湖に流れ込む山本川の松原橋から西沢橋までの間。漁業者だけでなく、一…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集