メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き工房バンク

契約第1号、佐世保の食品サンプル製作会社 新拠点での飛躍誓う 波佐見町 /長崎

賃借契約が成立した空き工房の前で握手する野田さん(左)と武村さん

 使われなくなった工房の情報をインターネット上に掲載して借り手を探す、波佐見町の「空き工房バンク」制度で、第1号の契約が成立した。佐世保市早岐の食品サンプル製作会社「日本美術佐世保店」の野田祐輔代表(37)が、波佐見焼の生地工房跡を借り、住居兼製作・販売事務所に改修して利用する。野田さんは「落ち着いた中にも洗練された雰囲気がある波佐見で製作活動に励みたい」と新たな拠点での飛躍を誓う。【浅野孝仁】

 陶芸が盛んな波佐見町だが、近年は職人の高齢化が進み、後継者不足で廃業する事業者も多い。町では、使わ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです