メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社説を読み解く

働き方改革=論説副委員長・大高和雄

「プレミアムフライデー」は働き方改革推進につながるか。初開催の金曜日に乾杯する女優の橋本マナミさん(中央)ら=東京都中央区の銀座三越で2月24日、中村藍撮影

産業構造の変化に合わせて 全体の方向性が不明確、日本型雇用慣行は限界

 安倍政権が1億総活躍プランの「本丸」と位置づける働き方改革の論議が進んでいる。

 これまで、同一労働同一賃金の実現や長時間労働の是正といったテーマごとに、具体策が打ち出されてきた。しかし、個々の対策を並べてみても改革全体の目指すものが何かは、必ずしも明らかではない。

 産業構造が大きく変化しようとする中、働き方改革はそれに適応するものでなければなるまい。

この記事は有料記事です。

残り3374文字(全文3585文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです