メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

人権軽視した山城氏長期勾留=ローレンス・レペタ 明治大学法学部特任教授

 沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設や高江ヘリパッド建設に抗議する運動のリーダーが140日以上にわたり勾留されるという、異常な事態が起きている。長期間の拘束は国際的な人権基準に反している。

 勾留されているのは64歳の沖縄県民、山城博治氏だ。基地ゲート前で連日行われる抗議運動を指導してきたことで知られる。

 山城氏は昨年10月17日、米軍北部訓練場で、有刺鉄線を切断したとして器物損壊容疑で逮捕された。それ以来、異なる複数の容疑で再逮捕され、今日に至るまで警察に身柄を拘束されている。自身の弁護士以外、家族や他の何人との面会も許されていない。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです