大震災6年

広がれ、希望…宮城に分灯

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
分灯された宮城県名取市での東日本大震災追悼行事でともされる「1・17希望の灯り」=神戸市中央区の東遊園地で2017年3月7日午前10時9分、小関勉撮影
分灯された宮城県名取市での東日本大震災追悼行事でともされる「1・17希望の灯り」=神戸市中央区の東遊園地で2017年3月7日午前10時9分、小関勉撮影

 東日本大震災から11日で6年となるのを前に、被災地の追悼行事でともされる灯の分灯が7日、神戸市中央区の東遊園地であった。ボランティアらが、阪神大震災(1995年)犠牲者の慰霊と復興のモニュメントのガス灯「1・17希望の灯(あか)り」から、種火をランタンに移した。

 市民団体「神戸・心絆(ここな)」や、兵…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文353文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集