メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米共同訓練

沖縄負担軽減狙う 本土実施へ流れ

日本が関与したオスプレイ投入訓練(国内)

 陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練「フォレストライト」が6日、群馬県の相馬原(そうまがはら)駐屯地で始まった。17日まで相馬原、関山(せきやま)(新潟県)の両演習場で行われる。米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ6機も参加予定だ。昨年12月に、沖縄本島沖で空中給油訓練中に不時着し大破する事故を起こして以降、日本での共同訓練に加わるのは初めて。国内で過去最多となる6機が参加する背景には、沖縄の駐留米軍に関する負担軽減策が影響している。

 同機は9、10日に相馬原、13~15日に関山で飛行する。空中給油訓練は行わない。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです