メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『春と盆暗』熊倉献・著

◆『春(はる)と(と)盆暗(ぼんくら)』熊倉献・著(講談社/税抜き590円)

 『春と盆暗』は、表紙からして、端正でありながら愛らしい描線がすがすがしかった上に、人を食ったようなタイトルからどうにも目が離せず、旅先の書店で求めた。その日は夕刻から会合があって、十数年ぶりに大学の同窓生と会ったのだったが、解散してから宿に戻る道中、自分はやっぱり、そこに集まった大勢のような真人間にはなれないな、という気持ちが胸中で煮詰まっていった。どうしてか「みんな」と同じような道を歩き出せないでいる、と。

 でも、宿のシングルベッドの上には、半分読みかけの『春と盆暗』がある。この漫画の主人公は「みんな」の群れからはぐれかけた若者だ。そして、淡い恋をしている。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです