メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

震災を語る 大きな時間幅で考えよ 哲学者・内山節さん

そびえるように建つ大船渡港の防波堤=岩手県大船渡市で2016年10月19日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の発生日を間もなく迎えるが、多くの被災者が避難生活を続け、原発の事故処理にめどが立たない。一方、被災地を離れた街では震災の話題は減った。1970年代から東京と群馬県上野村との二重生活を送りながら、自然と共同体との関係などを考察している哲学者の内山節さんは、震災の風化と復興について、どう考えているのだろう。【庄司哲也】

原発、コンクリート…刹那的システム/若者の変化の兆しに期待

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2808文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです