メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド・ニュースアップ

アメフット部活の死亡事故 選手はリスク把握を=運動部・前本麻有

全国高校アメリカンフットボール選手権決勝で負傷した選手を担架で運ぶトレーナーたち。けがが付きものの競技だ=大阪市東住吉区のキンチョウスタジアムで2016年12月23日、大西岳彦撮影

「安全対策」でも防げず

 アメリカンフットボールの全国高校選手権で選手の死亡事故が昨年11月に起きたことを受け、競技関係者の間で安全対策が改めてクローズアップされている。亡くなった選手の所属していた関西学院高等部(兵庫県西宮市)アメフット部は同選手権で最多18回の優勝を誇り、安全対策にもいろいろ取り組んでいた。事故後の救急搬送も速やかだった。それでも起きた最悪の事態。競技の安全をどう追求すべきかを探った。

 事故は昨年11月13日、大阪府吹田市であった全国高校選手権準々決勝で起きた。関西学院高等部の発表に…

この記事は有料記事です。

残り2801文字(全文3054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです