特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。

特集一覧

第89回選抜高校野球

練習試合へ意気込み きょう、嘉手納で2試合 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブルペンで投球練習に励む仙台育英の選手たち=沖縄県糸満市の県立沖縄水産高校で 拡大
ブルペンで投球練習に励む仙台育英の選手たち=沖縄県糸満市の県立沖縄水産高校で

 <センバツ高校野球>

 第89回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する仙台育英は7日、遠征先の沖縄県糸満市の県立沖縄水産高校のグラウンドで練習した。

 午前9時前から練習開始。午前中はバッティング練習をしたり、午後は守備の連携を確認したりした。8日の対外試合解禁を前に、ブルペンで30球を投げ込んだエースの長谷川拓帆投手(2年)は「調子は良いので、8日の練習試合が楽しみ。分かっていても打たれないような直球を投げたい」と意気込んだ。5日の紅白戦で本塁打を放つなど打撃好調の鈴木佳祐選手(1年)は「バットをしっかり構えた状態から強く振るようにしてみた。高校に入って試合形式では第1号だった」と笑顔を見せ、「練習試合では打順に合った役割を果たしたい」と話した。

 仙台育英は8日、嘉手納町野球場で、県立美来工科(沖縄市)と、センバツで2度の優勝経験を持つ沖縄尚学(那覇市)と対戦する。【真田祐里】

あわせて読みたい