湖岸に出店、規制緩和へ 移動店舗など にぎわい創出で /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は琵琶湖岸のにぎわい創出などを目的に、県や市町が認めた業者が湖岸にオープンカフェなどを出店しやすくするため、琵琶湖敷地の占有許可基準を改正する方針を決めた。市や町による地域活性化に効果があるとして、早ければ来年度からの施行を目指す。ただし、水面から一定の高さがある場所以外では原則的に店舗を建てられず、どれだけ取り組みが広がるかは不明だ。

 琵琶湖は法的には河川と位置付けられ、湖岸は誰でも通行できるよう占有利用は原則禁止されている。しかし、管理者である県が許可した場合は広場を設置したり、イベント施設を設置したりすることができる規定になっている。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文552文字)

あわせて読みたい

注目の特集