連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ニゴロブナの雄はどう利用? /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

料理店や漁師のまかない飯などに ふなずしは雌よりうまい、との声も

 なるほドリ ふなずしに漬けるニゴロブナ漁が本格化する3月。卵が詰まった雌が重宝されるけど、雄はどう利用されているの?

 記者 雄もふなずしにされますが、雌に比べたら少数派です。琵琶湖には雄も雌と同じくらいいるだろうし、雄の運命はどうなっているのか、県水産課に聞きました。三枝仁副主幹の話では、雄はふなずしの他、主に湖魚料理店に回ったり漁師が自家消費したりしています。ニゴロブナは刺し身や煮付けでもうまいといいます。

 Q 食べ方はふなずしだけじゃないんだ。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1234文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集