メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
姫路城

江戸期、CGで復元へ 「鶴の間」「城下町」リアル 県立大研究者ら、現存絵図類基に /兵庫

 江戸時代の姫路城主の居城や城下町の街並みなどを、兵庫県立大の研究者らがコンピューターグラフィックス(CG)で復元する取り組みを進めている。現存する絵図類を基に、同時代に建てられた熊本城や名古屋城などから時代考証し、当時の主流を表現した。姫路市教委は「現存する大天守以外の多様な姫路城の価値を視覚化できる」と期待を寄せている。【山縣章子】

 文化庁の補助を受けて、2015年度からスタート。建築や歴史、美術の研究者らで作る「姫路城ガイドツー…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文775文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです