メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙対策

「分煙で」 自民たばこ議連が対案

自民党たばこ議員連盟の臨時総会で「分煙」推進を訴える議連会長の野田毅元自治相=東京都千代田区の自民党本部で7日

 他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙対策の強化案に関し、自民党のたばこ議員連盟は7日、臨時総会を開き、「分煙」を徹底することで受動喫煙の防止を図る対案を決めた。同党の厚生労働部会に提出し、今後議論されるが「屋内禁煙」を原則とする厚労省案とは方向性が全く異なり、妥協点を見いだすのは厳しい状況となっている。

 臨時総会には100人前後の議員が詰めかけ、厚労省の案や進め方について「隔離政策だ」「たばこは禁止薬…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです