メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安住を探して

原発事故からの自主避難/中 岡山、官民あげ移住支援

避難者交流会で、野草を探しながら散策する菅野久美子さん(左から2人目)=岡山県玉野市で

 瀬戸内海を望む小高い丘に幼いはしゃぎ声が響いた。「このタンポポも食べられるの?」。4人の子どもが小雨も気にせずしゃがみ込み、草花に目をこらす。夢中になって自然に触れる長女(10)を、菅野久美子さん(38)が目を細めて見守っていた。

 岡山県玉野市で先月18日に開かれた東京電力福島第1原発事故からの避難者交流会。菅野さんと長女は福島県伊達市からの自主避難者だ。最初は東京で部屋を借りたが頼りにできる友人が近所にできなかった。「福島のような田舎に行こう」と2013年3月、岡山へ移った。

 就職先が決まらず戻るべきか悩んでいた昨年6月、避難者の友人に「一緒に店を開かない?」と誘われた。一…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1043文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]