自治労

福島県の自治体 職員の自殺相次ぐ  

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自治労福島県本部は7日、今年に入って2月末までに県と市町村の職員計5人が自殺したと発表した。昨年4月からの自殺者数は9人。県本部は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う業務量の増加が要因の一つになっていると分析する。

 県本部は、自治体職員の相次ぐ自殺に危機感を持ち、自殺者数を初めて発表した…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

あわせて読みたい

注目の特集